スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いざ。
今週末、東京行ってきます。
これぞおのぼりさん!的なツアーになりそうです(ぁ
警視庁見学ツアーが土日休みだったのだけが
非常ーーーに残念ですけど…(´・ω・`)
(↑すんごい行きたかったらしい)
それは置いといて、1泊2日ですが楽しんできます♪


まぁ、その為に今日明日はケース教材の
コメンテーターの先生方のご意見を
まとめる作業に追われてますがね!!(泣)
…お偉い先生の意見を聞いていると、つくづく思うことが1つ。

 解決策の出せない批判は、誹謗中傷に成り下がる。

鋭い指摘をしてくださっている先生ほど
批判に無駄がないのが凄いと思います。
人を批判するっていうのも1つの能力なんだろうなぁ。
そのことを分かってない人って、結構多いですよね。
私自身も含めて、だけど。

何かに対するマイナスの意見というのは、
自分に関係ない事であっても耳触りの良いものではないし
あまり好きではないのですが。
(時々言っちゃうので気をつけねば…。
 でも私の場合、人の愚痴を聞くのは好きだという謎の性癖)
だけど、批判するのが上手い人は上手いのよね。
もちろん当人に実力があるからっていうのは大きいんだけど。
うーん。尊敬。

いつかは、その人を高められるような批判が
できるようになりたいものです。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

愚痴を聞いてください(w
流行り言葉(死語)でいうと「批判の品格」といったところですね。若手の芽を潰して悦に入るドSなヤクザ先生なんかもいて困りものです。私は運よく被害にあわずに済みましたが・・・。

でも、ウン10年前と比べると、専門が細分化されまくってて、大家であっても若手の報告にコメントのしようがない、ということが増えたような気が・・・。その点は進歩なのかもしれません。昔は素朴ですから、分野違ってもチャチャ入れたり。今では、専門外の分野には大家といえども口出ししたりイチャモン付けたりできなくなったり。ある意味論争のアリーナが純化したというのか、そんな感じを持っています。
例えば、こないだの学会の某N先生のような感じでしょうか?
Y先生が、ほとほと困り果てていました…
って、こんなの書いたらマズいかもですが(^^;)

私の報告の時(まだまだ先ですが)は
運の良い状況であることを祈ります(´・ω・`)
Calender
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Recent Entries
Recent Comments
Total Entries
全タイトルを表示
Category
Search in this blog
Counter
Links
Disutopia
毎日、うさぎ飛び!
頑張れ自分!
element
架空の中の真実
青のフェルマータ
そこに有って無いもの
また、逢えたね
いっしょに歩こう
音楽とお茶
Kir
空が青い理由 フレッシュ!
藤立涌
つれづれにっき♪
まぼろしのくに
傲慢☆まゆごん
三日BOSE ~EpisodeⅡ~ gooの逆襲
D大 会計学研究会

眼鏡会計士進化論

Twitter

Profile

アキ

Author:アキ
       ※左側
Status:大学院生
Major:会計学(?)
Favorite:スイーツ,愛犬,策士
Purpose:体力強化
Environment:Windows XP
Browser:IE,FireFox

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。