スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こうえんかい
今日は某会計士さんの講演会☆
直前まで全く決まってなくて準備に大わらわでしたが。。。


感想。

どっかで聞いたことのある話ばっかでした。
何故かって・・・
R氏と発想が似てる(゚Д゚;)
なんとな~く、感覚的なモンなので根拠は無いんですけどね。

その人は、今は独立されて税理士法人を営んでおられますが
以前は大手監査法人に勤めておられたそうです。
最初から、会計士になった動機が
「金儲け・自分の時間を持てる・社会的地位」という
何ともあっさりした理由だったので
(これを隠さずスパーンと言い切れる所はスゴいと思ったw)
独立するつもりで大手監査法人に就職したらしい。

それで話の中で思ったのが、
「今、会計士の数を5万人まで増やす計画がある。
 そうすると弁護士みたいに職がない奴が大量に出てくるけど、
 国はそこまで見越して計画している。
 監査法人だけじゃなく、今後は企業内会計士がどんどん増えていく」
っていう話と、
「企業内会計士は、受かってすぐに企業に就職しても意味はない。
 監査法人で経験を積んで、数字を見る目を養ってから転職すべき。
 弁護士で言うところのリーガル・マインドがないとダメ。」
っていう話をまとめるとさ…
やっぱり監査法人の就職難は
発生するんじゃね?(´・ω・`)

その下積み期間のことを考えると、
結局最初は監査法人に就職することになるから
そこに人が集まって就職難&就職してもヒマとかになるのでわ…。
あと、監査法人を踏み台にしたら、本人はそれで良いけど
監査法人側は毎年未熟な人ばっか(+一部のトップ、ミドル層)で
チーム組まなきゃいけなくなるのでわ…。

とか思ったけど、講演者の先生とはもしかしたら
ちょっと繋がりがあるかも知れないリスクがあったので
あえては反論しませんでした。ぷいぷい(笑)

あ、でも独立してからの話は面白かったです!
独立した会計士の良いところは?って質問があって、
 ・みんなから注目される。
  →その分責任は重いけど、やりがいはある。
 ・人に教えてもらいながら給料がもらえる。
  →特にMCSの場合、ある経営者の所で学んだことが次に生かせる。
 ・そこそこ儲かる。
  (この先生、全然「そこそこ」じゃないんですけどねw)

他には、会計士の試験科目で受かった後に使えるのは?
っていう質問には、
 ・まず第一に経営学!!
  →MCSで経営者に喋る時に、経営学を自分で応用させて喋る。
 ・経済学を知っていて損はない。
  →為替や金融商品など。
 ・事業承継(中小で、所有と経営が一致のパターン)の相談が多い。
  →DNA、プライド、ピーターの法則が3要点。


他にも色々喋っておられたんだけど、長くなりそうなのでこの辺で。

 
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

Calender
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Recent Entries
Recent Comments
Total Entries
全タイトルを表示
Category
Search in this blog
Counter
Links
Disutopia
毎日、うさぎ飛び!
頑張れ自分!
element
架空の中の真実
青のフェルマータ
そこに有って無いもの
また、逢えたね
いっしょに歩こう
音楽とお茶
Kir
空が青い理由 フレッシュ!
藤立涌
つれづれにっき♪
まぼろしのくに
傲慢☆まゆごん
三日BOSE ~EpisodeⅡ~ gooの逆襲
D大 会計学研究会

眼鏡会計士進化論

Twitter

Profile

アキ

Author:アキ
       ※左側
Status:大学院生
Major:会計学(?)
Favorite:スイーツ,愛犬,策士
Purpose:体力強化
Environment:Windows XP
Browser:IE,FireFox

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。